育乳に役立つ
生活をしよう

運動不足を解消する

育乳をしようとする時、女性ホルモンの分泌が乱れないことを心がけますが、そのポイントに運動不足の解消があります。ではなぜ運動不足になっていると育乳に影響が出るかと言うと、心と体の働きがとどこおりやすくなるからです。

まず体においては運動をあまりしないことで代謝は低下しやすくなり、すると栄養素や酸素が全身に行き渡りにくくなります。体の働きによって出てくる老廃物の排泄もしづらくなると、いらないものが体に残ってしまい、悪影響を与える可能性があるのです。

そのため適度な運動を継続して行うことで全身の代謝をスムーズにし、栄養と酸素が行き渡り老廃物を排泄できるようになれば健康な体づくりにつながり、その結果育乳にも役立ちます。

そして運動不足が心に与える影響は、ストレスがたまってしまうことです。仕事や家庭などでいろいろなストレスを抱えたまま発散できないと、血行が悪くなりがちで、十分な栄養がバストにも行き渡りにくくなります。そのため、ストレスを解消することが必要ですが、全身を適度に動かすことがちょうどよい発散方法になります。

ただし育乳には有酸素運動や激しい運動は避けた方が良く、ストレッチや筋トレなど脂肪を減らしすぎない運動を取り組んでみましょう。